ZUIKO AUTO-W 28mm F2.8

小型軽量、目立たないが優れたズイコーらしい「隠れた銘玉」

OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-W 28mm F2.8 ズイコー 広角 28mm f2.8
ZUIKO AUTO-W 28mm F2.8
  • 画 質  ★★★★☆
  • 携帯性  ★★★★★
  • 希少性  ★★★
  • 人気度  ★★★☆
  • 総合評価 ★★★★
ZUIKO AUTO-W 28mm F2.8

◆愛称 「かくれだま」
zuiko 28mm/f3.5やf2と比べると目立たないレンズだ。「隠れた銘玉」といっていいだろう。

f3.5、f2.8、f2という28mm3人衆の中では最も目立たないが最も力を持っているのではないかということで「かくれだま」と名付けた。

◆良いところ
近距離撮影でも遠近感が強くですぎることがなく、スナップなど幅広く活用できる。しかも超小型軽量。コントラストの再現性は抜群で、暗部のディテール描写にも優れている。絞り開放からコントラストが高くクリアでシャープで発色も良好だ。

OM-1やOM-2 のニューモデルである Nシリーズが発表された80年代前半に登場したモデルだ。あの「伝説の銘玉」zuiko 28mm/f3.5の後継と位置づけられている。

ただ、いまでも「zuiko 28mm/f3.5の方が優れている」という声が聞かれるが正直それはどうだろう。f3.5の方はモノコート、zuiko 28mm/f2.8はマルチコートだ。f3.5より半絞り分明るく、1mm長くなり10グラム軽くなっている。レンズ構成は7群7枚から6群6枚で、パワー配分と対称性が改善されている。f3.5に比べ半絞り明るくなっただけでなく、コントラスト・解像力や諸収差など光学性能も向上した。当然zuiko 28mm/f2.8の方が使いやすく優秀であっておかしくない。小型軽量で性能の優れたズイコーらしい銘器だ。

◆悪いところ
高いコントラストを有し、中心部分の解像力が高いおかげで見る者を引きつける映像を形成する。ただ暗部がドーンと潰れてしまうぐらい時にコントラストが強すぎると感じることもある。

また他社の高級レンズと比べるともう一段の解像度が欲しい気がするが、そもそもこのレンズ”廉価版”だ。高級レンズを比較するというのもおかしな話だ。同等性能を持つレンズが高級レンズで探さないと見つからないのだ。

◆エピソード
昔から28mmは広角の中心であり、単焦点で最も使用頻度が高いのは28mmという統計結果もあるくらいの人気の距離だ。高校生の時28mmを買いにカメラ店に行った時、中古だが24mmに一目ぼれしてしまって、28mmを買いそこなった。24mmがあるので近い距離の28mmを買うにはちょっと躊躇してきて、手に入れるまで随分と時間かかったが、やはり、いいレンズだ。今では、21mm、28mm、40mm、85mm(Bチーム)という組み合わせか、18mm、24mm、35mm、50mm、100mm(Aチーム)という組み合わせでセットしている。

<諸元>

ZUIKO AUTO-W 28mm F2.8

コーティングMC
画角 75°
レンズ構成 6群6枚
絞り・形式/範囲 自動/2.8-22
最短撮影距離 0.3m
最近接撮影範囲 18x27cm
ピント調節方式直進ヘリコイド
全長/最大径 32mm/60mm
質量 170g
フード φ49mmねじ込み
フィルター φ49mmねじ込み
発売時の価格 ¥47,000

<所有レンズのデータ>

所有No名称コードリア記号製造年月状態用途
Z010ZUIKO AUTO-W 28mm F2.8 良好保存&常用

<作例>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です