ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8

コンパクトでシャープでコントラスト高くOM ズイコーらしい超広角

OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8 ズイコー 超広角 24mm F2.8
ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8
  • 画 質  ★★★★☆
  • 携帯性  ★★★★★
  • 希少性  ★★★☆
  • 人気度  ★★★★
  • 総合評価 ★★★★
ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8

◆愛称 「にーよんにっぱち」
zuiko 24mm/f2.8なので、その数字だけを読んで基本「にーよんにっぱち」と呼ぶ。ただそれだけの愛称だ。まあ藤井さんを「フジー」と呼んでるようなものかな。

オリンパスのOMズイコーのシリーズでは”廉価版”と”大口径版”の二種類が選べれるようになっている。私は”大口径版”に対しては敬意を払ってニックネームをつけようとする。だが”廉価版”では普段使いのため気にせず気楽に本名で呼ぶことが多い。人間関係では近しい間柄にはニックネームで、先輩や年長には本名でというのに、それとは逆になっているのが面白い。

◆良いところ
なんといってもそのコンパクトさだ。OMボディに良くマッチする。一見、zuiko 50mm/f1.8とまちがえてしまうぐらいのものだ。気軽に持ち出せるので、旅行や登山などの普段使いで等で活躍してくれる。これほどまでにコンパクトでそれでいて切れるほどの画質。これこそオリンパス、非常に OMズイコーらしい広角レンズといっていい。

また24mmという画角が広角としては丁度いい。遠近感が相当デフォルメされ、広い範囲が写る。 広大な風景、たとえば平原、山頂からの俯瞰、火口、平原、海原、スタジアムなどの大きさ・拡さを表現するには もってこいの広角だ。

絞り開放からシャープな描写でコントラストもOMズイコーらしく十分。周辺部の描写もかなり良好だ。

ラッパ型のメタルフードがこれもカッコイイ。

◆悪いところ
周辺光量の低下が目立つことがある。

また、ボケは硬い感じで綺麗とはいえない。絞り開放の周辺部では二線ボケの傾向があるが、f4まで絞れば気にならないだろう。

◆エピソード
このzuiko 24mm/f2.8は、高校を卒業して専門学校に通っていた時にアルバイトでためたお金で買ったレンズであり思い入れがある。35-70mmのズームを持っていたので当時は定番の28mmかなと思っていたが、中古屋でこの24mmを見て一目ぼれして貯めてた資金を全てはたいて買った。自分のはヘリコイドのアソビが大きくてピントを合わせるたびにガクガクしているが写りは抜群だった!(現在はガタのないものに買い替えたが、あれはあれで残しておけばよかった・・。)

その後自分の中では広角といえばzuiko 24mm/f2.8になった。その後zuiko 40mm/f2を購入し、zuiko 40mm/f2とzuiko 24mm/f2.8の組み合わせで色々と撮影した。若き日のヨーロッパの旅行にも連れていった。

当時、本革製のハードケースと一緒に買ったのだが、カビなのか白っぽくなって中のモルトがボロボロになったので捨ててしまった。その後、思い出として保管しておけばよかったと悔んでやまなかったので、ハードケースだけをヤフオクで探して何とか競り落とした。どうしても取り戻したかったのだ。結局使うことはないが・・・。


<諸元>

ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8

コーティングMC
画角 84°
レンズ構成 7群8枚
絞り・形式/範囲 自動/2.8-16
最短撮影距離 0.25m
最近接撮影範囲 23x15cm
ピント調節方式直進ヘリコイド
全長/最大径 31m/59mm
質量 180g
フード φ49mmねじ込み
フィルター φ49mmねじ込み
発売時の価格 ¥54,000

 

<所有レンズのデータ>

所有No名称コードリア記号製造年月状態用途
Z007ZUIKO  AUTO-W 24mm F2.8 良好保存&常用

 

<作例>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です