ZUIKO AUTO-T 400mm F6.3

あこがれの望遠らしい風貌で望遠撮影を楽しむ

OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-T 400mm F6.3/ズイコー 望遠 400mm F6.3

ZUIKO AUTO-T 400mm F6.3
  • 画 質  ★★☆
  • 携帯性  ★★★
  • 希少性  ★★★★
  • 人気度  ★★
  • 総合評価 ★★☆
ZUIKO AUTO-T 400mm F6.3

◆愛称 「ばずーかー」
実は高校生のころ動物カメラマンの吉野信さんがOM2にモータドライブを付けてそのの下にピストル型のシャッターレリーズ付きのコントロールグリップを付けて構えているのがすごくかっこよかった。(現在ではそのスタイルは全く見ることはないが・・・。)

それに憧れて、長い望遠の三脚座のところにシャッター付きのグリップを付けて、撮影するスタイルをしたらもっとかっこいいだろうなぁと思っていたのだ。

そこでzuiko 300mm/f4.5を入手したとき、JJC製のピストル型ハンドルグリップを買って付けてみたのだが、300とはいえOMズイコーは思ったより短いため「メガホン」みたいになってしまった。

そこでzuiko 400mm/f6.3で試してみたらなかなかいい感じになった。まさにバズーカー砲だ。ただ、高校生のころの憧れのスタイルが叶ったものの、人が多いところでは恥ずかしくてできないことに気づくのであった・・・。

◆良いところ
zuiko 400mm/f6.3はとても所有欲を満たしてくれる望遠レンズだ。望遠らしい活動ができる。あまり使いこなしていないので描写についてはこれからの調査だ。

1300gとまぁまぁ(400としては)軽く取り扱いもよくフットワークがいいので野鳥とるのには最適だ。

◆悪いところ
あまり評判はよくない。zuiko 300mm/f4.5が評判がいいためその比較からだろう。ネットでは400mmあたりの評価は非常に少ない。やはり皆使いあぐねる焦点距離なのだろう。所有欲を満たすだけで使うことはないレンズだ。

◆エピソード
上記の愛称の説明でも書いたが、このzuiko 400mm/f6.3はそもそもピストル型ハンドルグリップを付けて遊んでみたいという思いだけで買ってしまった。ピストル型グリップつけて遊ぶのにはzuiko 300mm/f4.5では物足りなかったのだ。

zuiko 400mm/f6.3の情報はあまりないのは知っていた。それに300mmF4.5と500mmF8レフレックスがあるので、zuiko 400mm/f6.3の必要性はあまりなかった。だがピストル型グリップを付けるととてもかっこいい。


<諸元>

ZUIKO AUTO-T 400mm F6.3

コーティングMC
画角 6°
レンズ構成5群5枚
絞り・形式/範囲 自動/6.3-32
最短撮影距離 5m
最近接撮影範囲 36x24cm
ピント調節方式直進ヘリコイド
全長/最大径 255mm/80mm
質量 1300g
フード 組込み式
フィルターφ72mm ねじ込み
発売時の価格 ¥252,000

 

<所有レンズのデータ>

所有No名称コードリア記号製造年月状態用途
Z0 ZUIKO AUTO-T 400mm F6.3 良好保存&常用

 

<作例>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です