ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5

魚眼ぽくないコンパクトボディだが、実にシャープな描写

OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5/ズイコー 魚眼 16mm F3.5
ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5
  • 画 質  ★★★☆
  • 携帯性  ★★★★★
  • 希少性  ★★★★
  • 人気度  ★★★☆
  • 総合評価 ★★★★
ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5

◆愛称 「ぎょぎょ」
魚の大好きな例のタレントの口癖だが、魚眼だけにというだけでなく、ぎょぎょ!とするぐらい、コンパクトでシャープな描写なのだ。

◆良いところ
なんといってもそのコンパクトさだ。一見、zuiko 50mm/f1.8とまちがえてしまうぐらいのものだ。これほどまでにコンパクトでそれでいて切れるほどのシャープな画質という魚眼があるだろうか。このzuiko 16mm/f3.5こそオリンパス、OM ズイコー らしいレンズといっていい。

それに近距離20cmまで近づけられる。動物の顔などグーンとアップにして背景をすべていれてしまうなど不思議な絵をつくることができる。クローズアップにこだわって、コンパクトで、切れるような画質という、、、やはりzuiko 16mm/f3.5は、OM ズイコーの設計思想が実に現れた傑作レンズといえるだろう。

◆悪いところ
そのコンパクトさで対角180°の広さだ。ときに長所が短所ということもあるものだが、カメラを普通に構えても、うっかりすると持っている指が写り込んでしまう。OM4にzuiko 16mm/f3.5を付けて、ワインダーもしくはモータードライブを装着してかまえると、必ず指が入り込んでしまう。それだけは注意が必要だ。

現在では主にzuiko 16mm/f3.5にマウントアタプターを付けてデジカメで撮影をしている。そのため、レンズそのものがカメラより前にのりだす形になっているので、映り込みの心配はなくなった。

◆エピソード
私のzuiko 16mm/f3.5はオークションで比較的安価で手に入れられてラッキーだった。ごらんのとおり、フロントからレンズを覗くと全体は真っ黒で、真ん中に小さくリアからの光が入り込んでくる。魚眼の特長だ。

ゆえに大失敗してしまった。実はレンズはカビだらけだったのだ。試し撮りしてみると聞いていたよりシャープじゃない。なんかもやもやする。でもまあそんなものかと思い込んでいたが、数カ月するまでカビだらけに気づかなかかった。修理は購入価格より高くついた。

フロントから覗き込んだ程度ではレンズがかなり小さくみえるために、カビなどの汚れがわかりにくいので注意が必要だ。

<諸元>

ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5

コーティングMC
画角180°(対角線)
レンズ構成8群11枚
絞り・形式/範囲自動/3.5-22
最短撮影距離0.2m
最近接撮影範囲
ピント調節方式直進ヘリコイド
全長/最大径31mm/59mm
質量185g
フード不要
フィルター組込み式(L39,Y48, O56)
発売時の価格¥118,000

 

<所有レンズのデータ>

所有No名称コードリア記号製造年月状態用途
Z002ZUIKO AUTO-W 18mm F3.5106440SAU22001年2月製良好保存&常用

 

<作例>

ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5」への2件のフィードバック

  1. 当方も、未だにOM3Tiにこのフィッシュアイをつけて、時折撮影しております。仰る通り、実にコンパクトかつ、撮影画像はシャープですね。デジタルに押されて肩身の狭い日々ですが、これからも大切に使ってゆこうと思っています。また、OM-Dもこれまで幾度となく、使ってみようと考えましたが、EVFにどうしても馴染めず・・・m(__)m

    • 同感です~。
      OM-DのEVFですがどうも色が鶯色のフィルターかがった感じがしますね。
      どうぞこれからもOM3Tiも大切になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です