ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4

極めて高いシャープ性能。世界的に珍しい等倍率専用マクロ

ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4 ズイコー マクロ 80mm F4

ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4
  • 画 質  ★★★★
  • 携帯性  ★★
  • 希少性  ★★★★
  • 人気度  ★★
  • 総合評価 ★★★
ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4

◆愛称 「とうばいまくろ」
世界的に非常に珍しい等倍率付近撮影専用の80mmマクロレンズだ。

このレンズの刻印には「AUTO-1:1」とある。つまり等倍専用のマクロレンズなのだ。なのでズイコーで「等倍マクロ」と呼べばこのレンズのことだ。

例にもれず、「オートエクステンションチューブ65-116」または「オートベロ-ズ」を併用で使うのが大原則のマクロ専用レンズだ。本体はコンパクトだが、エクステンションチュ-ブによってかなり大きく感じられる。

◆良いところ
昆虫写真家の海野さんお気に入りのレンズとのことだけあって、画質は極めて高いシャープネスで実に満足のいく作品が可能だ。

またこのレンズには専用クローズアップレンズがあり,高画質で2倍までの撮影ができる。専用だけに画質劣化したり周辺部が甘くなったりすることがない。さすがマクロのオリンパスだ。

古い設計の古いレンズだが、まだまだ今の若いもんには負けないほどのシャープな画像が満足だ。

◆悪いところ
等倍専用マクロで,実際等倍前後の範囲しか撮影できない。用途が限られていて使いにくいレンズともなる。なので出番が少ない。

先ほど良いところとして「専用クローズアップレンズがあり,高画質で2倍までの撮影ができる。」と書いたが、実のところ、もっと近づきたいととっさに思ったとき、ごそごそバックから専用クローズアップレンズを探すのが面倒なんだよなぁ。

◆エピソード
マクロ専用レンズではあるものの、エクステンションチューブ25を使うとなんと、無限遠の撮影も可能だ。ただ、マクロのときと違って画質はよくない。まあ一応写るレベルなのでメーカもマクロ専用としたか。135マクロは無限遠の方も優秀なんだけどなぁ。

ところで、80年代90年代マクロ撮影といえばオリンパスが非常に評価が高かったと思う。そんなOMのマクロの顔となるのがこの80mm F4だったろう。OM4につけてマクロツインフラッシュを付けた雄姿がカタログやポスターをあっちこっちでみて「かっこいいなあ」と感じていた記憶がある。


<諸元>

ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4

コーティングMC
画角
レンズ構成 自動/
絞り・形式/範囲
最短撮影距離
最近接撮影範囲
ピント調節方式直進ヘリコイド
全長/最大径
質量
フード 組込み式
フィルター φ55mmねじ込み
発売時の価格

 

<所有レンズのデータ>

所有No名称コードリア記号製造年月状態用途
Z0 良好保存&常用

 

<作例>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です