S ZUIKO AUTO-ZOOM 28-48mm F4

コシナOEM提供の軽量コンパクトで描写性能高い広角ズーム

OLYMPUS OM-SYSTEM S ZUIKO AUTO-ZOOM 28-48mm F4/ズイコー 広角ズーム 28-48mm F4

  • 画 質  ★★★★
  • 携帯性  ★★★★☆
  • 希少性  ★★★
  • 人気度  ★★
  • 総合評価 ★★★☆
S ZUIKO AUTO-ZOOM 28-48mm F4

◆愛称 「こうかくずーむ」
ズームレンズのレビューはムツカシイ。なぜならさほど使わないからだ。はやりオールドレンズを楽しむのは性能の良い単焦点が中心となる。なのでズームレンズの所有はもっぱらコレクションとなってしまっている。愛称も実はあまり深く考えず単純に「広角ズーム」なのである。

◆良いところ
小型にまとまったレンズで、F値が暗いことを除けば使い勝手は良い。

色はちゃんと出ており、解像もまずまずシャープだ。

フィルタ径は49mmだが、フード取り付け用に55mmネジが外側にきってある。フードを付けたまま、フィルターやレンズキャップの着脱が可能だ。ZUIKOでは珍しい構造だ。

◆悪いところ
広角にしては最短近接撮影距離0.65mと、ちと遠い。小型のために仕方なかったのか。

28-48mmとは中途半端なスペックだ。正直「広角ズーム」と呼ぶのは違和感があるかもしれないが、このレンズが出た1981-82年頃当時は立派な「広角ズーム」だったのだ。

◆エピソード
S ZUIKOと「S」が付いているのはサードパーティ製を表しているらしい。つまりOEMだ。

これは他の製品なら珍しいことだ。なぜなら普通はOEM製だとしてもわからないようにするものであって、堂々と「これはうちでは作ってないよ。よその製品だよ~」とメーカが表記するなんて。どうもこのころのオリンパスはズームには自信がなかったのか、35-70mmでも2本「S」が付いているものがある。これはコシナ製とのことで、小さく軽く性能もよく現在でも評判がいい。オリンパス純正でないにも関わらずだ。「S」が付けなきゃオリンパスの評判になっただろうに。オリンパスとしてはリスクをとったのだろうか。もし評判が悪くなった場合に「うちのじゃないもーん」と逃げ切れるとおもったか?でも結果としては高評価になったのだ。

私がこのレンズを購入したのも「S」が付いている(=コシナ製=評判がいい)から試してみたくなったのだ。もともとS ZUIKO 35-70mm/f3.5-4.5を持っているのだが、それと形状が似ていて、性能もいいのだろうとわくわくした。結果はもちろん期待通りであった。

それまではカメラメーカの純正レンズが優秀でレンズメーカのレンズは二流三流という思い込みがあったが、必ずしもそうではないことを教えてくれたレンズなのだ。こうして私はコシナも大好きになった。

<諸元>

S ZUIKO AUTO-ZOOM 28-48mm F4

コーティングMC
画角 75-49°
レンズ構成8群8枚
絞り・形式/範囲 自動/4-22
最短撮影距離 0.65m
最近接撮影範囲 74x49cm(28mm) 46x31cm(48mm)
ピント調節方式回転ヘリコイド
全長/最大径 54mm/65mm
質量 300g
フードφ55mmねじ込み
フィルターφ49mmねじ込み
発売時の価格 ¥40,000

<所有レンズのデータ>

所有No名称コードリア記号製造年月状態用途
Z0 S ZUIKO AUTO-ZOOM 28-48mm F4 良好保存&常用

<作例>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です